顔面ボーナス、美人は1億儲かっている。

大学生の頃、美人は1億儲かっている。と、
友人が言っていた。

1億かどうかは定かではないけど、
年収1000万円とか言っていた。

確かに、おごってもらえるし、美人なだけで、
年収の高い男性と結婚できる可能性もあがる。

いい就職先も見つかるのではないだろうか?

大学生の頃、美人な女友達が数人いたけど、
みんな結婚をして、子どもを1人か2人作って、
楽しそうに過ごしています。

だから、きれいな人は、それだけで儲かっている。
きれいな顔があるってことは、輝かしい才能があるってこと。

そう思っていました。

でも、そうではない考え方もある様で・・・

顔面ボーナスで努力してこなかったアラサーの末路 
  
顔面ボーナスって言葉、おもしろいですね。
なるほど!って思いました。
 
  
あの頃、大学生だった頃、可愛いという顔面ボーナスを
持っていた人たちは、今どんな風に生きているんだろう?
 
ボーナスは使い果たしのか?それともまだ残っているのか?
まったく別のボーナスを手に入れたのか?
どうなっているのか、気になってきました。  
 
 
自分の経験によると、かわいい人、きれいな人の方が、
優しくていい人が多いです。
 
 
それは、きっと周りの人に優しくされてきて、
愛情をもらって、それが自分の中からあふれ出しているからだと思います。
 
だから、顔面ボーナスは、年齢を重ねてからも、
周りへの優しさや愛情によって、見た目とは関係のないところから、
ずっと入りつづけるものだと思います。