お昼ご飯を食べようとしたら、食券販売機のメンテンスで30分ほど閉店しています

食券を買って、席について、店員さんに食券を渡すと出てくる。
そんなお店は、今、多いです。 
 
店員さんをわざわざ呼ばなくてもいいし、とても便利です。
 
 
でも、今回行ったお店は、その食券を売っている機械がメンテナンス中でした。
だから、直るまで、30分ほど、閉店をしているということでした。

ランチのいい時間に閉店中でした。 
 
 
その理由がよく分からず、悶々としてしまいました。

 
だって、別に、手渡しでいいじゃないですか? 
なんで、食券で買わないといけないんだろう?
 
食券がどれだけ売れたのかをカウントするのだろうか?
だったら、あとで、メンテナンスが直ったら店員さんが買えばいいです。 
 
 
それで、作らなければ大丈夫。
お金は手渡しで受け取っておけば、入れることもできる。 
 
何でダメなのかをいろいろと考えてみたけど、
納得いく答えが見つかりませんでした。 
 
 
お金は、手渡しで受け取って、何を注文されたのかを
メモしておけば、どうにでもなるんじゃないかな~
 
いや、そうはならないのか?よく分からない。
 
 
そもそも、臨機応変さを、
アルバイトの店員さんに求めてはいけません。
 
時給以上の働きをしても、もらえるお金は一緒です。 
 

だったら、ランチタイムの忙しい時に、食券を買う機械が壊れることで、
閉店にできて、忙しく働かなくてもお金をもらえる状況が作り出された!

ラッキー!って思っているかもしれない。
 
ま~、いろいろと考えられますが、 
すごい理由で一時閉店だったので、びっくりしました。