広末涼子は神だった

同年代の友達と高校時代のアイドルの話になると、

必ずでてくるのがこの名前。

「広末涼子」
 
 
 
 
広末涼子はほんと僕ら同年代のアイドルの中では、神のような存在でした。

クレアラシルのCMだったかな、
それで一気にブレイクしたんだったよね。

確か。

当時の広末涼子は超清純派アイドル。

ショートカットで、めっちゃくちゃ可愛かった。

クラスの女子からは、

「なんであんな普通そうな子が可愛いの?」

という声も上がったけれども、

男子の広末人気は相当に熱かった。

・・・それがいつのまにか、
広末涼子はなんだかスキャンダラスな女優になっちゃったよね。

やっぱりそれが芸能界というものなのかな。

若い頃から芸能界で生きていくということは、
それだけ汚れて?も行くのかな?

ベッキーもそうだったけれども、
やっぱりそれなりにアクの強い人間に育って行くのかな。

でもそうでもしないと芸能界では生き残れないのだろうね。

逆にそういう世界で生き残って行くから、
芸能人というオーラが出来上がって行くのだろうか。

でも、

広末涼子はそんなことしなくても、
もともとめっちゃオーラあったっす。

今の子には全く理解できないかもしれないだろうけど、
広末人気はほんと半端なかった。

そんなことをふと思い出した、
友達との会話でした。

広末涼子。
 
 
 
これ、いったいどうやったら売れるんですか?身近な疑問からはじめるマーケティング【電子書籍】[ 永井 孝尚 ] 
 
広末ならどうやったって売れると思う。