60才になったら、派遣リーダーから保育士事務職に転職したいお母さんに伝えたいこと

 
60才になったら今の会社を辞めて、
保育士の事務がやりたい。最後の仕事は保育園がいい。 
昔ながらの夢をもう一度叶えたい。

 
でも、保育士をやるには体への負担が大きすぎる。
だから、事務くらいならできるんじゃないかな~って、
僕の母親が言っていました。 
 
 
今はとある小さな会社の派遣リーダーをやっているそうです。
でも、それも60才まで。 
 
今のところで、65才まで働かせてはもらえるみたいだけど、
60才を過ぎたらリーダーではなくなって、 
誰でもできる事務仕事をやることになるらしい。 
 
 
その変化に耐えられるか分からないし、周りも気を使いそう。
 
どうせだったら、それをきっかけにして、
今の仕事を辞めてしまって、他の仕事をやってみたい。
 
 
そんなこともあって、保育士の事務仕事を探していました。
でも、お母さんはネットが使えないんです。
ガラケーを使ってます。 
 
だから、毎週折り込み広告に入っている求人募集のチラシを見て、
保育士の事務の求人を探しているという状態です。 
 
確かに、たまにあったりるするんですが、
そんなことよりネットで調べた方が、選択肢も広がるし、
通いやすくて、給料がいいところが見つかるかもしれません。 
 
 
求人募集のチラシを見るのもいいけど、求人サイトを見た方が
いろいろと選択肢は広がるからいいんじゃないかな~ 
 
登録するだけで、最適な職場を紹介してくれるサービスもある。
⇒ 体験保育もOK!保育士の転職でお悩みなら【保育ぷらす+】

こういったところに登録するだけでも、選択肢が広がります。
 
働く前に、半日~1日、体験保育をすることもできるから、
それで、そこでやっていけるかどうかを知ることもできます。 
 
 
何よりも、選択肢は多い方がいいです。
最後の職場、いろんなところを見て、決めて欲しいです。 
 



 
 
■保育士の仕事を楽しくするために、もうひとつ軽い仕事を。
 
60才を過ぎてからは、年金も出ることだし、
保育士の仕事をやりながらも、そちらはほどほどにして、
副業をやるのもいいんじゃないかな~。  
 
週5の求人は難しくても週3の求人とかは多かったりする可能性もある。
  
 
今は、文章を書いて投稿するだけでもお金がもらえたりする。 
 
どこかに行って、モニターとして体験をして、
その感想を書くだけでも、収入が増える。 
 
これはスキルがいると思うけど、
YOUTUBEに動画を投稿してお金を稼ぐ人もいる。 
 
 
収入を増やせる可能性は、どんどん増えて行っています。
 
60才からは、保育士をやりながらも、他の仕事も軽くやってみて、
65才からに備えるというのもいいと思う。 
 
 
定年のない仕事、軽い気持ちでやれる仕事。
 
いや、これは仕事なのかって感じの仕事をできる様になれたら、
きっと定年後の人生も楽しい。 
 
 
お金が使えるし、やりがいもある。
暇でぶらぶらと、時間を潰すためだけに出かけなくてもいい。  
 
 
今、日中カフェにいると、暇そうでボケーッとしている
おじいちゃん・おばあちゃんが目立ちます。 
 
ファーストフード店にいたりもする。
 
 
それはそれでいいのかもしれないけど、
そんな風になるよりは、自分の手で稼いで、
いつまでも元気で無理なく働いているお母さんでいて欲しいと
僕は思ってます。 
 
 
母親は、「何か出来ることない?」って、
僕にも聞いてくるので、
 
 
今度、教えてあげよう。 
 
 
仕事の種類は200以上、家でもできる仕事【クラウドワークス】
 
これだけいろいろとあれば、
自分に合った仕事も見つかりそう。