インスタ映えが嫌いな料理人に伝えたい、撮影を禁止する方法 

 
早く食べてほしいと料理人が言っていた 
 
 
「インスタ映えとかどう思いますか?」って
料理人をやっている先輩に聞いてみた。 
 
そうしたら、「嫌だ!」ってはっきり言っていた。
出した時が一番おいしい。その時に食べて欲しいって言ってました。
 
 
そう言った人もいるのはしょうがないし、
料理をどう楽しもうかは、その人の勝手です。 
 
食べる楽しみもあれば、撮る楽しみもある。
お金を払っているんだから、どう楽しもうと自由。
 
 
そう考えるのも分かるし、 
インスタに載せることが料理を
さらに楽しめる要因になっているのかもしれない。
 
でも、料理人としては、出した時に食べて欲しい。
 
そうやって思っている人がいるってことを知っておくのは、
とてもいいことだと思います。 
 
 
ただ、かたくなに自分のスタイルを曲げないで、
時代に合わせないで変えていけない人は、
時代に取り残されてしまうんだろうな~とも思います。 
 
 
お客さんの要望に答えたいのか?
とにかく自分の料理を食べて欲しいのか? 
 
それによっても、まったくもって取るべきスタンスは
変わってくるんじゃないかな~って思います。 
 
 
 
■レストランが料理の撮影を禁止する方法
 
どうしても料理を撮影されるのが嫌だったら、
撮影を禁止することもできます。
 
 
料理に著作権はないそうですが、事前にちゃんと告知をしておいた上で、
お客さんが来店したとしたら、それは、契約内容になるそうです。 
 
お互い約束をした上で来ているんだから、 
それを破ってはいけないってことになる。
  
 
「料理の写真を勝手に撮るな!」 レストランに撮影を禁止する権利はあるか?
https://www.bengo4.com/c_1015/c_17/n_1272/ 
 
周りの人が落ち着いて食事ができなかったり、
料理の味やデザインを盗まれたりと、
本気で料理を作ってこだわっているお店では、
パシャパシャと写真を撮られてしまっては困ることがたくさんある。
 
インスタ映えを狙って、お金稼ぎにつなげる人もいるけど、
写真を撮る人が増えすぎて、お店に悪影響が出ている人もいる。
 
 
ただそれに文句を言っているだけでは何も始まりません。
逆にチャンスだと思います。自分のお店の方針を決めるチャンス。
 
一体、どうしていきたいのかをしっかりと持って、
それに合わせた対策を取ればいいと思います。 
 
 

グルメ多動力 [ 堀江貴文 ]

 

多動力 全産業の“タテの壁”が溶けたこの時代の必須スキル [ 堀江貴文 ]