ブログを毎日書きつづけるためには、書ける記事を書いていけばいい 

 
ブログを毎日書くぞ!と気合いを入れて、
書き始めたはいいけど、つづかない。 
 
そんな時は、何がよくないのかというと、
気合い入れすぎだと思う。 
 
 
毎日、書きつづけるのが大変な記事を
書こうとしている。 
 
42.195kmなんて、いきなり走れない。
でも、これが、インターネットだとできると思ってしまう。
 
できると思って始めてみるのはいいことだけど、
知っておいた方がいい。 
 
ブログを書きつづけるための筋肉みたいなものはあるってことを。 
 
 
毎日ブログを書く。 
 
これって、誰にでもできそうなこと。確かに誰にでもできる。
でも、誰でもできるわけじゃない。 
 
 
毎日、腹筋をする。毎日、食事を作る。毎日、歩く。
毎日、会社に行く。毎日、あいさつをする。毎日、掃除をする。
 
毎日やるってことは、誰でもできそうだけど、できない。
これって特殊スキルだってことは、把握しておいた方がいいです。 
 
 
毎日ブログを書く。
 
これができない人は、そのために必要なスキルがないだけです。
別にできないわけじゃない。まだできないんです。
 
 
毎日つづけるためのコツや工夫みたいなことができていない。 
ただそれだけです。 
 
多いのは、毎日ちゃんとした記事を書かなければいけないと
思うこと。 
 
それで、書けない時は書かない。 
 
料理を作るってことで言うと、 
たまには、卵かけごはんと、野菜を切って、肉を焼く。
それくらいの時があってもいい。
 
 
マラソンで言うと、たまには歩くだけって時が、あってもいい。
ブログの場合は、どうしようもなく、意味のないことを書いたっていい。 
 
そういったメリハリがある方が、ブログとしても魅力的ではないだろうか?
だって、毎日、本気の文字数の多い熱い記事では、読む方も疲れる。 
 
ほんとう自然に、ただ自然にやっていれば、
毎日つづけられるとは思うんですよね。 
 
 
毎日つづけるということが目的なら、そうすればいいです。 
 
 
毎日ちゃんとした記事を書きつづける。それだときっとつづかない。
毎日ブログを書くと言うことが目的なら、内容はなんだっていいはず。 
 
書けない時は、無理矢理書かなくてもいい。
 
そういった日は気を抜いた記事を書いて、 
次の日へのエネルギーをためれば、きっと次の日は書ける。
 
 
毎日、本気の記事なんて書こうと思わないで、
ちょっとは肩の力を抜いて、何でもいいって思えれば、
長くつづけることは、楽になります。