6月22日が小林麻央さんの命日、あれから1年経っても悔やまれるがんを見落とす医者

 
6月22日が小林麻央さんの命日です。まだ周りの人々の話題はつきないようです。注目が集まっています。
 
小林麻耶に迫る「妹の命日」と危ぶまれるメンタル
https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12156-53102/ 
 
市川海老蔵が自宅の売却を拒否 小林麻央さんへの思いが理由か
http://news.livedoor.com/article/detail/14816158/
 
1年か~。早い様な遅い様な。僕は当時、悲しすぎるニュースであまりブログを見れなかった。今、見たら、このブログ、心震えます。勇気をもらっている人、たくさんいると思う。
 
 
 
 
いまも増え続けるブログ読者 壮絶がん死、小林麻央さんが私たちに残してくれたもの
https://www.sankei.com/premium/news/170807/prm1708070007-n1.html
 
 
医者は信じてはいけないということも教えてくれている。がんを見落とすなんて信じられないけど、その信じられないことが起きてしまうってことを、僕は初めて知りました。
 
「あのとき信じなければ」小林麻央さんも後悔 がんを見落とす医者
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/52231

医者から「心配いらない」と言われたら、そう思いたい。こちら側からしたら、医者のその言葉を信じたくなる。記事によると、がんの見落としが4割もあるそうです。医者っていったい、何なんでしょうか?ちゃんと仕事をして欲しい。でも、嘆いていても始まりません。そういうもんだと分かったなら自分で納得できるまで検査をしていくしかありません。 
 
 
【悲報】小林麻央さん、実は90%の確率で生存出来てた
http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1498817073/
 
医者より民間療法を信じてしまった。僕はまったくもってガンの知識はないです。だから、ちゃんと学ばないといけないな~って思います。周りの人もいろいろと言ってくれるとは思うけど、やっぱり自分でちゃんと調べて、知恵をつけないと、危ない。自分の命は自分で守らないといけないですね。 
 
 
小林麻央さんがやっていた民間療法は、水素温熱免疫療法
https://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20170704/Jisin_29588.html
 
いろいろと命を救うために試したけど、そのクリニックが「無届け医療」で業務停止命令って、つらすぎる。お金を持っていると選択肢がありすぎて、変なところにも引っかかる可能性が増えてしまうんだと思う。どんな話でも可能性があるのなら、命が助かるならすがりたい。そう思ってしまうのが人間で、その弱いところにつけこむ奴もいる。いや~つらい・つらすぎる。人間の闇・・・ 
 
普段から命は大切に食べるものにはちゃんと気を使って、無理しないで、生きていかないと、取り返しのつかないことになるかもしれない。調子に乗るな自分。ちゃんと学ぶんだ自分。淡々と生きていく様にします。 
 

 
このまま死んでる場合じゃない! がん生存率0%から「治ったわけ」「治せるわけ」 [ 岡田 直美 ] 
 
 
 
がんを告知されたら読む本 専門医が、がん患者にこれだけは言っておきたい“がん [ 谷川啓司 ]
 
いろいろな闇がばれやすい世の中にはなっていると思う。