ネトゲで登校拒否、ファミコンの時はそこまで中毒性はなかった

 
ネトゲ廃人というのがいるらしい。
それだけハマると離れられない。 
 
自分もファミコンに夢中で学校に行きたくなかったけど、
でも、その時は行っていた。 
 
早起きをして、1時間ゲームをやって、学校に行って、
帰ってきてからまたゲームをやるという、
今思うと、とても素直な子供らしい生活を送っていました。 
 
今の自分だったら、学校サボってゲームをやりそう(笑) 
毎日ではなくても、週に1回くらいは、そんな日を作ってしまいそう。 
 
 
イマドキの子どもは、
やっぱりゲームにはまって、不登校になっている子もいるらしい 
 
 
放置してよいのか、不登校でネットゲームの娘
http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2013/0407/584860.htm
 
って、でも、僕の時代はここまでネットが発達していなかったから、
ファミコンにはまって、不登校になった子がいても、
きっと情報が伝わってこなかったのではないかと思われる。 
 
ま~ファミコンならまだしも、ネットというのは
子どもにとっては、遊び道具としては、強力すぎるのではないだろうか? 
 
 
リレー講演 ②不登校とネット・スマホ依存
http://to-shin-ken.net/seminar/relay_02.html

 
依存って、怖い。
 
確かにネットやスマホには依存性があって、
親の世代だって、ハマってしまっている。 
 
 
ファミコンはおもしろかったけど、 
ハマりすぎるということはなかったよな~ 
 
 
ゲーム依存・ネット中毒…。「廃人」の実態が明らかに
http://business.nikkeibp.co.jp/article/life/20090430/193491/
 
リアルよりバーチャルの世界で生きる方がしあわせ。
それも分からなくもない。 
 
 
 
ネトゲ廃人 [ 芦崎治 ] 
 
 
 
バーチャルマスターズ スピリッツ ブラック