プロ野球オープン戦がいよいよ始まりますね!練習試合との違いは?

横浜スタジアム!プロ野球公式戦

現在各地で練習試合が行われているプロ野球。
2月も半ばになり、もうすぐいよいよオープン戦が始まりますね!

ところで、どちらも同じくシーズン前の練習試合的要素で行われるのだけれども、
いったいどう違うのかちょっと気になったので調べてみました。

 オープン戦はNPBが定めた日程で日本プロ野球団の12チームが対戦。 チケットを販売し、興行として行う。 一方の練習試合は球団間で話し合って日程やルールなどを決めるもので、観戦にチケット料金は発生せず、NPBの管轄でもない。
引用元:https://full-count.jp/2014/02/12/post1542/

ナルホド!
これはわかりやすい。

さらに練習試合はそれぞれのチームでルールを決めることができるので、
極端な話、一度ベンチに引っ込んだ選手もまた再び試合に出すことができたりなどもあり得るそうですよ。

練習試合の方がかなり柔軟に試合を行えるということですね。
言ったら完全非公式の試合。
オープン戦はNPBが管理している試合ということですね。

練習試合はキャンプ中に行われるため、
関東に住んでいる自分としては観る機会が全くと言っていいほどないけれども、

いつか自由な時間ができたら、沖縄や九州に1か月住みこんで、
ガッツリキャンプから練習試合からオープン戦まで楽しんでみたいなぁー。

それが30代野球好き男の夢!?笑)

キャンプを観に行くツアーなども旅行会社や球団からも企画されていますよね。
でもあれだと週末でしか行くことができないから、バタバタしちゃうみたい。

それはそれで楽しそうですけどね!

さてさて今年の順位はどうなるのかなぁー。
今はセ・リーグの力関係がドンドン変わってきているので、楽しみです♪