石原さとみの東京メトロ広告ポスター、赤羽岩淵編

赤羽岩淵を石原さとみが紹介している。
昭和にタイムスリップのことのことです。

このポスターを見ていると、赤羽岩淵に行ってみたいって思うけど、
ま~実際には行きません(笑)

石原さとみが一緒に行ってくれるなら行くけど、
そんなことはありえません(笑)

自分が行ったことのない駅に行きたい気持ちはあるし、
まだまだ知らないことだらけだろうし、
行ってみたらおもしろいんだろうけど、
誰かが住んでいたり、誘われないと行きませんね。 
 
 
そんなことより、地元を知らなかったりするから、
そこを開拓していくことが先ではないだろうか?

石原さとみの広告は、取り上げられたところを
知らない人よりも、そこに住んでいる人への方が
メッセージ性はあるんじゃないかな。

あ~、自分が住んでいる街って、こんないいところがあるんだ!
こんなところがあったんだ!そう思う人も多いはず。

実際に足を運んでみたら、想像以上に、
ものすごく楽しいってことはあると思います。 
 
 
まだまだ知らないことだらけ。
知る努力をすれば、きっと住んでいるところをもっと好きになれる。

このポスターの写真を撮って、電車が走り出して、
深い眠りに落ちていって、目が覚めたら2017年になっていた・・・笑

2016年の年越しは、電車に乗りながら寝ていた。 
あけましておめでとうございます。