初めてのLSDスローランニング!最初の2kmが一番シンドイ!?

ランニング

今流行りのスローランニング!
(通称LSD:long slow distance)

早歩き程度のスピードでのんびり走るということから、
普段運動を全くしてこなかった人でも、お手軽に始められることから人気がでています。(*’ω’*)

もし今運動不足で
「これからスローランニングでもやろうかなぁー。」
と思っている人は、これを頭に入れておくと、より楽に楽しくスローランニングを続けることができます。

それは、
最初の2kmが一番シンドイ!ということ。

スローランニングを始めようと思い、いざ走ってみると、
やっぱり最初はどうしても身体が重いと思います。

それに「よし!走るぞ!」と気合を入れ、
いくらスローランニングと言えど、「ちょっとは早く走らなきゃ!」と思うかもしれない。

でも、身体が温まっていない最初の2kmは、
どうしても身体は重く感じるし、足取りも軽やかとは言えないかもしれません。

でもここで、
「スローランニングと言えど、やっぱり走るのはシンドイな。」
とあきらめてしまったらもったいないです!

実は最初の2kmが一番シンドイ!

2km=だいたい15分ぐらい、走り続けると、段々と身体が温まってきて、
その後はドンドンとラクに走れるようになってきます。(*’ω’*)

最初「こんなに身体が重いのに、脂肪燃焼が始まる30分走り切れるかな?」と思っていたのに、
2km(15分程度)走り終わってくると、本当に後はスイスイと走れるようになります♪

気分も乗ってきて(ランナーズハイ)、気が付いたら30分はおろか、
45分、1時間と走ってしまっている自分がいるでしょう。

もしこれからスローランニングを始めようかなぁーと思っているのならば、

「最初の2km。」

最初身体が全然動かなくても大丈夫!
これを知っておくだけで、気持ちがだいぶ楽になりますよ♪