手越祐也、嵐の替え歌はまずかった。一般人だけど、お酒の席での身の振り方をこの事件から学ぼうと思う。

 
 
 
手越祐也は未成年と飲んでいたことよりも、嵐と嵐ファンの批判・替え歌がやばい。 
 
『いちばーん嵐のファンが多いけど~♪ 東京ドームで口パク聞いてる~♪』 
 
こんな替え歌を歌ってしまったらしい。文春にバラされた。大大先輩をけなしてしまった。そこを暴露されてしまうなんて、不幸すぎる。いや、みんなこういったことはあると思いますよ。飲んで酔っ払ったら、やっぱり先輩や上司の悪口を言って盛り上がるでしょう。 
 
自分の飲み会での発言・行動が週刊誌に載って、ネット上でばらまかれてしまったとしたら、キツすぎる。ここまで大々的ではなくても、ツイッターとかフェイスブックとかグループLINEでもいいけど、身内だけの間でも回ってしまってもつらい。 
 
 
芸能人だからしょうがない。それも有名税だ。って意見も分かるけど、いや~芸能人ってつらい。キツイ。プライベートがないって悲惨だ。飲んで騒ぐこともできないのか。周りに敵がいる。スパイがいる。気を付けなくてはいけない。 
 
 
・手越祐也に学ぶ、お酒の席での身の振り方
 
これって、一般人である自分にも同じ様なことは言えるかもしれない。あまり信頼のできない人がいるところで好き勝手やるもんではない。とにかく飲むもんじゃない。酔っ払ってはいけない。 
 
酔ってしまうと、その場がよければいいってテンションに入ってしまう可能性が高い。いや、僕は人間なんです。動物ではないんです。その場のことだけを考えて生きていくことが厳しいんです。 

 
セクハラだったり、悪口だったり、不倫だったり、その場の快楽だけを求めた結果、人間というものは悪い方向へ向かうことになる。人によっては職を失う。今の地位が壊れる。芸能人ではなくても、そういったことはあるという風に考えておいた方がよさそうです。 
 

父の日ギフト 日本酒 飲み比べセット お酒 プレゼント 300ml×5本 誕生日 お祝い 贈り物 楽天No.1 大吟醸入り 季節限定酒 夏季限定版 送料無料 あす楽 ミニボトル おつまみ に合う あさ開 
 
お酒って、楽しいけど、楽しすぎるけど、怖いもの。