チラシ巻きをしたら苦情が来るマンションの特徴

 
仕事の関係で、チラシ巻きを頼んでいます。 
たまにマンションの管理人さんから苦情がきます。3ヶ月に一回くらい。 
 
でも、最近は減ってきました。 
苦情が来やすいマンションが分かりました。 
 
あと、苦情が来たところはメモをしておいて、共有しています。 
 
一回苦情が来たところにまいたら、怒られる可能性は 
とてつもなく大きいですからね。 
 
下手したら警察沙汰になりそうです。 
 
 
チラシ巻きをしたら怒られやすいマンションの特徴は、 
ただ、禁止とかいてあるところではなくて、「着払いで返送します」と
書いてあるところです。 
 
おそらく、ただ禁止の張り紙がはってあるところは、 
はらなきゃいけない決まりかなにかが、あるんだと思います。 
 
その貼り紙みたいなものが用意されているとかありそう。 
 
だから、必ずしも管理人さんの意志ではない。 
本気でチラシを嫌がっているわけではない。 
 
だから、怒られない可能性は高い。 
 
そもそも、チラシをまいてきた業者に対して、
文句の電話を自分の携帯電話でしてくるのって、
ものすごくリスクがあるし、時間も使うことです。 
 
 
そんなことをする時間があるなら、もっとマンションのために
何かした方がいいとは思うけど、それがチラシ巻きを禁止にすることだと
考えているのならしょうがないです。 
 
僕の場合は、チラシ巻きを禁止されたマンションからも
依頼があったりもしました。 
 
管理人さんからは苦情の電話が来たということを
お客さんに伝えると、管理人さんはちょっとおかしい人だと言っていました。 
 
 
その管理人さんは、わざわざチラシを真っ二つに破ってました。
ゴミを早く取りに来てと言ってました。 
 
そうやって、優位に立てるところでいばることでしか、
ストレスの発散とかができないんだろうな~って思いました。 
 
 
ちょっと思い出したら、腹が立ってきますね。
 
ただそのマンションのルールには、
従わないといけないとは思うので、 
これからも怒られることはあるでしょうが、
うまくかわしながら、チラシ巻きはつづけていきます。 
 
 

【中古】 苦情★真に受けTV /永野,鳥居みゆき,浜谷健司 【中古】afb 
 
 

となりのクレーマー 「苦情を言う人」との交渉術 (中公新書ラクレ) [ 関根眞一 ]