伝えたいことが伝えられないのは、相手よりも自分のことばかりを考えているから

 
伝えたいことが伝えられない。 
何となくは分かってもらえるけど、うまく話せない。 
 
その理由は、話よりも、自分の考え方に問題があるのかも。 
 
 
話が「伝わる人」と「伝わらない人」、7つの違い
 
うまく話せば伝わるという様に思いがちですが、
いくらうまく話をしたところで、相手の心に届かないと、
何も伝わりません。
 
相手が何を求めているのか?
それをまずは知る努力をしないと、いくら話し方がよくてもダメ。 
 
  
伝えたいことを伝えたいって思うと、 
話し方のスキルをあげようって思うけど、
問題はそこではなくて、その前にやるべきことがあるんですね。 
 
 
いくら料理がうまくたって、相手が嫌いなものを出したら、
あまり喜ばれません。 
  
料理の腕がなくたって、相手が好きなモノを出せたら、
それだけで、喜んでもらえるかもしれない。  
 
 
相手のことを考える。
 
自分の話し方ってかっこいいだろう~ってなるのではなくて、
相手は何を話したら喜んでくれるのだろうってことを考える。 
 
 
自分ではなくて、相手のことを考える。
やっぱりこれがコミュニケーションの基本ですね。 
 
 
★「相手の立場に立つ」ということ-ポジションチェンジ

相手になってみるということか~。なるほど~。

 
 
まんがでわかる 伝え方が9割 [ 佐々木圭一 ]  
そういえば、伝え方って学んだことがない。
そもそも、そこに問題がある気もする。