横浜DeNAベイスターズが1998年以来21年ぶりの優勝を狙う!横浜優勝はあり得る!?

メイクラミクルは充分に起こりうる!?

現在絶好調の横浜DeNAベイスターズ!
交流戦を5割以上で乗り切り(貯金3)、その後も連続カード勝ち越しを続け、怒涛の勢いで首位巨人に迫ってきました。

一時期10以上あったゲーム差は、気がつけば0.5差。
長島監督が起こした「メイクミラクル」をも思い起こさせる「メイクラミクル」が起こってしまうのかも!?

ただ某ブックメーカーではまだまだ横浜DeNAの評価は低く、稼ぎ時だとの声も上がっております。

【2019】横浜優勝!横浜DeNAベイスターズ優勝の可能性は高い!?理由は…稼ぐチャンスも!

>>【2019】横浜優勝!横浜DeNAベイスターズ優勝の可能性は高い!?理由は…稼ぐチャンスも! 

横浜DeNAベイスターズファンの方は大大大チャンスですね!!!

さて、横浜DeNAベイスターズは本当に21年ぶりの優勝を果たしてしまうのでしょうか。

その可能性をまとめてみました。

若く勢いが素晴らしい!

今の横浜DeNAベイスターズには勢いがあります。

どの球団よりも勢いがあるのではないでしょうか。

その要因として、やはり若い力!
今期最多勝を狙う今永は大卒4年目25歳。抑えの山崎康晃は大卒5年目26歳。
チームのキャプテン筒香嘉智は高卒10年目27歳。

チームの中核を担うこれらの選手が若く、勢いがあります。

中堅どころとのバランスも素晴らしい

若い力、若いチームだと思われがちの横浜DeNAベイスターズですが・・・、

実は経験豊富な中堅選手も数多くいます。

大和・宮崎・伊藤光・井納・石川などは30代。
実績もあり、いざという時はしっかりとチームを支えてくれるでしょう。

また助っ人ですがロペスは長いこと日本プロ野球に携わり、さらにはかつてのメジャーリーガー。
彼を頼りにしているチームメイトも数多くいるのでは。

団結力がある

チームの雰囲気はとてもよい。
ラミレス監督の采配が疑問視されることも多いですが、それによるチーム崩壊という雰囲気もありませんし、外国人監督ならではの長所もすごく生かされているように見えます。

選手を非難することは滅多にないし、負けても割り切って次のゲームへ切り替える。

ネチネチした感じも全くないし、選手としても非常にやりやすい環境なのではないかと考えます。

これまでの経験が爆発する!

横浜DeNAは長く低迷したチームでした。
CSへの出場すらなかったし、勝ち方をわからないまさに弱小チームでした。

ただ・・・、
2016年に初のCS出場を果たし、17年には日本シリーズも経験しました。
18年にはその経験の上での4位という悔しい思いもしましたし、今こそ優勝へ向けてのパーツがそろったのではないでしょうか。

横浜DeNAベイスターズが令和初のセントラルリーグ制覇、さらには日本一に輝く・・・優勝する可能性は十分にあり得るのではないでしょうか!?

横浜優勝!!!!

思いっきり叫べる日はそう遠くはないと思います。