ひげの脱毛は恥ずかしいと思っていたけど、行動しないことを正当化したかっただけなのかもしれないって思う

 
ひげ脱毛をすることはずっと恥ずかしいことだと思っていました。

男が美容だなんて、男らしくないし、
何だか女々しい感じがして・・・恥ずかしいと思ってた。

でも・・・、

ゴリラクリニックでひげ脱毛を始めてから気が付いたんです。

「あ、オレ、恥ずかしいと思ってたけど、ただ単に勇気がなかっただけなんだ。」

と。

結局恥ずかしい、恥ずかしいと思っていたけれども、
それはひげ脱毛をしなくてもいいという理由を無意識のうちに作り上げていたんですよね。

ひげ脱毛は恥ずかしいこと。
だからやらなくていい。

ってね。

でも勇気を出してゴリラクリニックに行って、契約を済ませ、
思い切ってひげ脱毛を開始したら、すごく気持ちが晴れやかになった。

で、その時に気が付きました。

「あ、オレ、ただビビってただけなんだな。」

と。

ひげ脱毛って聞くとさ、何だか得体の知れない怖いイメージありません?

・痛くないのか?
・騙されないのか?
・ムダ金払うんじゃないのか?
・失敗したらどうしよう?

etc…

周りにひげ脱毛している友達もいないしね。
なおさら怖いよね。身近なことじゃーないんだもん。

でも、ひげ脱毛をずっとしたかったんだ。
心の奥底ではずっと・・・。

あの時思い切ってひげ脱毛への第一歩を踏み出してよかった!! 
 
 
ゴリラクリニックひげ脱毛の無料カウンセリングに行ってきた