髭が臭いなら抜くよりひげの医療脱毛

 

髭の加齢臭って知ってますか?

髭の加齢臭のこと知っていますか?
髭って実はすごく悪臭を発しやすい場所なんです。

正確に言えば髭自体が悪臭を放つのではなく、髭の生えている環境が悪臭を放つ細菌が育つのに、すごくいい環境なんです。

髭は人間の身体の中でも、最も毛の密度が濃い場所。
それだけ毛穴も多く、たくさんの皮脂が生まれます。

皮脂は細菌にとって、最高のごちそう。

しかも髭があるおかげで、保湿も充分。
細菌が育つには適度な水分が必要ですからね♪

また、髭剃りによって傷ついた皮膚もいいですね。
細菌は大喜びです。

こんな環境の元、スクスクと成長した細菌たちが、悪臭を放ちます。
髭の加齢臭の幕開けです。

顔臭いおっさんいませんか?あなたは大丈夫?

電車とかに乗っている時に、
妙に顔の臭いおっさんいませんか?

これたまりませんよねー。

満員電車だと、移動するにできないし、逃げ場がない。
勘弁してくれよおっさん!

でも

あなたは大丈夫ですか?

自分の髭の臭いって自分じゃー分かりません。
また周りの人も、まず指摘しないでしょう。

「あんた顔臭いよ。」

こんなこという勇気、さらさらありません。

もし自分が使っているカミソリ髭剃りが臭ったら・・・、

アウトー!!

髭を抜くという方法もあるけど

そんなわけで、髭を抜く!ということを思いつくかもしれません。
髭さえなくなってしまえば、加齢臭の元はなくなりますものね。

・・・なくなりません。

むしろ逆効果です。

髭をピンセットで丁寧に抜いたところで、
髭は根元から抜かれているのではなく、ただ切れているだけ。

もちろん毛穴にはしっかりと髭は残るし、
それらは悪臭のもとになります。

毛抜きで無理に抜いた毛穴は傷つき、細菌たちにとっては好都合。

髭を抜くのは絶対にやめましょう。

1番早く安全&確実なのは

1番早く安全、かつ確実なのは、髭の医療脱毛です。

髭の医療脱毛ならば、髭を作り出す元となる細胞からしっかりと取り除くことができるので、髭そのものが無くなります。

髭の元がなくなれば、毛穴は引き締まり、細菌が育つスペースも少なくなります。

結果・・・、

髭の加齢臭問題はなくなります!

もちろん髭をすべてなくす必要はありません。
医療脱毛ならば間引くことも簡単にできるので、髭の量を少なくしてあげればOK♪

僕自身も髭脱毛していますが、とってもいい感じですよ。
 
 
⇒ 【公式】ゴリラクリニック、ヒゲのゴリラ脱毛