お手玉持ってたら入国審査で引っかかった!捕まらないコツは

お手玉:入国審査で引っかかりました

以前海外旅行中に、

お手玉をバッグに入れたまま入国審査を受けたら、荷物検査のゲートで引っかかりました。

・・・麻薬でも入っていると思ったのかな?

話を聞かれて、ちょっとお手玉を手触りで確かめられて、

それでその場はすんだけれども、

入国審査はいつになっても緊張するもんですね。笑)

 

入国審査で引っかからない様にするコツは

海外旅行が好きな私、これまで何十回と入国審査を受けてきましがが、

その経験を活かし、入国審査で引っかからない様に、僕は以下のことを気を付けています。

入国日に滞在する場所:ホテルの住所を控えておく

入国当日や、もししばらく滞在する予定ならば、そのホテルの住所や電話番号などをすぐに見せることができるように控えておきます。

そのため、ホテルは入国前になるべく1泊でも予約しておくようにしています。

・・・まぁよっぽどのことがない限り大丈夫なので、テキトーに住所を書いてしまっている人もいますけどね。

でも何かあった時のことを考えて、僕はなるべく1泊目はしっかり予約をしておくようにする&住所はきちんと申告するようにしています。

以前、泊まる場所を決めずに入国しようとして「まだ決めていない。」と答えたら30分ぐらい怪しまれたことがありました。笑)

お気をつけてー。

出国チケットを持っておく

出国チケットがないと、これまた長期滞在&不法労働を怪しまれてしまうきっかけになってしまいます。

次の目的地を決めない長期旅行の場合、出国チケットを買ってしまうとそれで縛りができてしまうので、個人的には嫌なのですけれども、

それでも大体の予定が決まっているのならば、出国チケットをあらかじめ買っておくといいですよ。

早めに買っておくと、それだけ安く手に入ることもありますしねー。(*’ω’*)

パターンを覚え短い英単語でしっかりと答える

英語が難しくても、聞かれていることはどの国でもほぼ同じ。

うろたえることなく、短い簡単な英単語でしっかりとハキハキ答えてやりましょう!

向こうが高圧的な態度(だいたいが高圧的!)でも、ケンカ腰にもならず、逆におびえることもなく、

淡々とハキハキと答えてやれば大丈夫!

せっかくの旅行、入国審査などでトラブルにならずに、楽しみましょーねー。(*’ω’*)